2018年04月01日

■ AWARENESS ANATOMY(R)〜どんどん楽になる、筋トレが要らない ■

こんにちは。
スタジオピボットの原田です。
昨日はキレイな満月でしたね〜
180331-bluemoon-4.jpg
300ミリの望遠レンズでとても綺麗な月をキャッチ。
うっとりです。

この1年少しずつHPを変えたり、増やしたりとしています。
STUDiO PiVOT設立から20年、この4月で21年目。
これを機に、改めて、代表平山の構築したメソッド、AWARENESS ANATOMY(R)に
ついて書いたページを作りました。

平山の経験に基づいた理論と、解剖生理学&機能解剖学的見地による理論の融合がAWARENESS ANATOMY(R)です。
この理論を背景に、様々な取り組みを行ってきています。
乳幼児〜高齢者まで、人生のあらゆるステージに、そして、あらゆる分野に適応できるメリットがあります。
現在、様々な分野でこのAWARENESS ANATOMY(R)を取り入れたオリジナルメソッドが生まれています。
AWARENESS ANATOMY(R)ANALYZEでは、個別対応をメインにランナー、ダンサー、ゴルファーのメニューを公開しております。

ランナーズプログラムは、ベストタイム6分を縮めた一般ランナーのお客様がおります!
約2ヶ月間・5回の集中メニューを受講され、名古屋ウィメンズマラソンも完走しました。
走るのがどんどん楽になる、と言っています。

IMG_1807.jpg

今までのランニングクリニックとの違い

今まで・・・1
フォームは教えてくれるが、自分自身のどこがおかしいかは教えてくれない

AWARENESS ANATOMY(R)ANALYZEでは
動画を見ながら、自分自身のどこがずれていたのか?がよくわかった。
だから、治療をしても痛みが取れず、長距離を走ることができなかったのか、と納得した。

今まで・・・2
大会前に、なんとなくコースでペース配分の説明があるが、いつもその通りにはいかない。

AWARENESS ANATOMY(R)ANALYZEでは
コースの中でのペース配分を、自分の体調や当日の気圧、天気、温度も加味して検討する。
大会後の振り返りも、呼吸の状態と照らし合わせ、次の大会までの参考にする。
女性の場合は、生理周期と体内の水分バランスが関連するため、それを自分で把握できるようになる。


ランニングプログラム
ランニングプログラムでは・・・
足裏診断
姿勢診断
関節可動域診断
走行解析
これらを総合して、個人にあったプログラムを作成しています。

体験レッスンはオンラインでお申し込み可能です!

皆様のお申し込みをお待ちしております★
posted by スタジオピボット at 16:57| Comment(0) | ピボット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

■ お知らせ からだ塾延期 ■

3/18に予定しておりました、発々こどものからだ塾ですが、
弊社の都合で、一旦延期とさせていただきます!
大変申し訳ありません。
次回開催決定しましたら、ご連絡させて頂きます。

STUDiO PiVOT

posted by スタジオピボット at 14:28| Comment(0) | ピボット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

■ 機能解剖学クラスのリニューアル ■ 

長らくお待たせをしておりました、「からだで感じる解剖学(機能解剖学クラス)」は、
リニューアルいたしました。

今までの「反省」と平山の伝えたいことを「軸(ピボット)」 にし、
AWARENESS ANATOMYRANALYZE(AAA)としてリニューアルしました。

また、ずっと個別コンサルティングの新規受付をお休みしておりましたが、
このAWARENESS ANATOMYRANALYZE のプログラムを個別コンサルティングとして
受付することと致しました。
今後、新規での個別コンサルティングは、全てこのAWARENESS ANATOMYRANALYZEのプログラムより
提供させて頂きます。

個別コンサルティングの特徴として・・・

●AAA解析(足裏、関節可動域、歩行)
●AAA施術&セルフトレーニング
●動画解析&個別のレクチャー動画(お客様にあった動画を作成します。)
●自宅でのセルフケア指導
●ビフォー&アフターカルテ発行
●メールコンサルティング
●ビデオコンサルティング
などの項目をオーダーメイドで、世界に一つのプログラムを作成します。

詳細は、お問い合わせください。


150pxaa_color_Blue_cmyk.gif

posted by スタジオピボット at 11:10| Comment(0) | ピボット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする