2015年10月12日

■ プロクラス修了生 青空パークヨガ開催のお知らせ ■

時々ですが、お知らせを頂くと、紹介している「からだで感じる解剖学」修了生の活動。
先日、スタジオの移転も済ませた、子育て応援サロン・SHAVA(http://svaha.asia/)
の小林睦子さんから、いただいたお知らせが、青空パークヨガ&BBQ。
娘の保育園のママ友・サラママヨガの竹村さんとのコラボ企画という内容。
二人とも、産前産後、妊婦、親子ヨガのスペシャリスト。
二人でやればいいのに〜とずっと思っていたので、
駆けつけたい思いではありますが、スタジオピボットは、すぎなみこどもからだ塾デイ。
残念ですが、参加できそうな方は是非🎵

小林さんがFBにイベントページアップ

サラママヨガのブログにも詳細記事
20151012.jpg
お写真はサラママヨガのページより拝借しております★
posted by スタジオピボット at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

■ ユルメディオイルトリートメントクラスでの一コマ ■

昨日のオイルクラスの一コマ。

参加メンバーの一人は、妊娠・出産・産後のケアに携わるセラピスト。

彼女の質問の軸は、

「妊婦さんの骨盤の動きの理解」

何度も解説をしているけれど、やっぱり本質の理解がなかなか難しいのが妊婦のからだ。

からだ本来の機能をかなり熟知していないと、
混乱するのが妊婦。

妊娠すると、関節の柔軟性が高まる。
骨盤を最大に動かす為のホルモンのしわざ♫
妊娠前のからだを知らない場合、その妊娠前のからだを想像する必要がある。
●仕事をしていた?していない?
  ●何人目の子供?
  ●仕事していたら、その職種は?
  ●旦那様が家庭にどのくらい関わっている?(家事をどのくらいやっているかな?)
なんて挙げたらキリがない。

妊娠すると
○ 血流量が変わる
  ○ ホルモン分泌が変わる

子宮が膨らむと骨盤はどうなるの?

これで関節はどう変化するの?

骨盤と股関節の関係性、基本機能はあるけれど、その人のニュートラルと基本機能は分けて見立てる必要がある。
「ここ」が皆の混乱の基。

メソッドを習得してきたセラピストは「からだを平均化」することに長けている。
これは、メリットにもデメリットにもなる。

マニュアルを覚えて実施することが大得意な日本人は、
平均化したマッサージを行うのが本当に上手だ。
スパなどのマニュアルの実施は本当に得意分野。

でも、その平均化した覚え方をしてしまうと、個人差の見立てができなくなる。
十人十色。
個性をきちんと見立て、そこに基本機能を重ね合わせ、十人十色のアプローチを行う。

骨盤と股関節の関係性も十人十色。
もちろん、似たパターンがあるので、「あ、こんな人いたな」はある。

ユルメディオイルトリートメントクラスで皆の混乱を沈める時間も必要。
それでも、その混乱の整理がつかずに離れていく人もたくさんいます。

スタジオピボットではからだの平均化はしません。
だからこそ1年かけて学ぶ必要があるし、
まずは、自分自身のニュートラルを知ることから始めます。

これは、解剖クラスも同様。

「機能解剖学」
「オイルトリートメントクラス」

と分けて実施してはいますが、伝えていることは同じ。
オイルトリートメントクラスについては、技術提供をしているので、
メソッドに近い部分もありますが、技術を取得しただけでは結果が出ないので、
解剖学クラスの受講を行って頂いています。

妊娠・出産・産後

ここを見る前にまずは、妊娠前の基本機能とニュートラル。
ここがスタートになることを忘れないように、、、
とクラスを終了。

about-semi-oil-2.jpg

本科で学んでいる間でも、専門分野の事につなげていきたいのが
現場の思い。
でも、やっぱりその前に基本機能がきちんと頭に入っていないと・・・
引き出しが空かない。
基本機能さえ身に付いてしまえば、必要な時にその引き出しはあく。
創意工夫も大切。

習った事をそのままやるトリートメントじゃなくて、

見立てて、組み立てることができるように。
その土台を本科で作っています。
次はコンサルテーションクラスで「見立て力」を高め、「組み立てて、実践」する
練習をしていきます♫


posted by スタジオピボット at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

■ 解剖・オイル修了☆お疲れさまでした ■

kai-1.jpg

「からだで感じる解剖学」「ユルメディオイルトリートメントクラス」
1年間コースが同時に1クラス修了しました!
1年間同時進行した方と、3日間集中オイルクラスから編入して
半年間通われた方と混合のクラスでしたが、皆さん現場のセラピストさん。
本当に熱い1年間でしたね。お疲れさまでした♫

次期スタートクラスが、なかなか決定せず、お申し込みが曜日で
わかれてしまっております。
月、木、土、各曜日・3名以上でスタートするシステムですので、
お待たせしてしまっている皆様、本当に申し訳ありません!
開講が決定し次第、ご連絡させて頂きます。

クラスの参加を迷われている方、体験クラスもございます。
詳細は、こちらへ☆

オイルトリートメントクラス・集中コースは10月末に開催予定です。
詳細は7月頃ブログ(上記URL同ページ)にてお知らせ致します!

追記
このクラスを修了した、佐藤みどりさんがブログにその様子を
書いて下さっています。
佐藤さん、1年間お疲れさまでした!そして、記事ありがとうございます。





posted by スタジオピボット at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

■ プロクラスの記録 解剖学×ヨガ ワンデイセミナー ■

朝方の雨でドキドキ…
しかし、予報通りの晴れに♫
素敵なワンデイセミナーになりました。

image-20130911191229.png

午前中は 骨盤•股関節の基本機能と「「座る」「立つ」「歩く」を体感しました。

そして、自分自身の足裏の状態が、「座る」「立つ」「歩く」とどう関係しているのか?

色んな足裏をみながら、関節機能との関連性も学んでいきました。

image-20130911191736.png

午後は、ヨガを通して自分のからだと向き合い、変化を感じ取る。

午前中に学んだ「座る」「立つ」「歩く」に必要なゴールデントライアングル(腸腰筋群、ハムストリング、起立筋群) をじっくりじっくり動かしました。

image-20130911192350.png

image-20130911192410.png


終わった後の皆さんの声

「足の接地が拡がった」

「足が勝手に前に出る」

「楽に歩ける」

「自分の歩き方の癖がなくなっている」

事前に行った「立位・歩行時」の状態を見立て。

この「見立て」後にヨガを行ったため、
自分のウィークポイトンが明確に。

ヨガで動かした関節、筋肉の一つ一つの体感は
深く自分の感覚と繋がったはず。

また企画しよう!と強く思ったこのワンデイセミナー

クールダウンヨガの後、からだがほんわりしていた事と思います。

緩む

からだで感じる解剖学では、人間の可能性の引き出しを増やし、
引き出しをあける方法を学びます。

でも、いつも緊張して凝り固まっていては、その引き出しには
鍵がかかったまま。

今回のヨガで、「緩む」を実感できたと思います。

頭で理解して、からだで感じる。

はじめてご参加下さった皆さんもありがとうございました。
是非、また体験しにいらして下さい!

そして、在籍中の皆さん。
今回も遠方からのご参加ありがとうございました。
次回も楽しい企画を提供したいと思います。

そして、ヨガを担当して下さったヒロコ先生もありがとうございました。
是非また!の声も多いので、次の回も宜しくお願いします。

スタジオピボットのプロフェッショナルクラス
「からだで感じる解剖学」
「ユルメディオイルクラス」
随時募集中です。
詳細はここをクリック
posted by スタジオピボット at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

■プロ向け からだで感じる解剖学×ヨガ ワンデイセミナー■

「からだで感じる解剖学」のワンデイセミナーのお知らせです。

 【日時】2013年9月11日(水)10:30〜16:00
 【場所】三茶しゃれなあど(三軒茶屋駅より徒歩1分)
 【費用】6,000円(税込)(※在籍者、修了生は4,000円)
 【講師】平山 昌弘(STUDiO PiVOT 代表)
     原田 優子(STUDiO PiVOT プログラムディレクター)
 【ゲスト講師】井上浩子氏(ヨガインストラクター、ヨガ専門通訳・翻訳家)
        http://hirokoinoue-yogasadhana.jimdo.com/about-1/

 【テーマ】「歩くを大解剖」
       〜歩行のメカニズムをヨガの動きをつかって体感を深める〜
       「からだで感じる解剖学」では、アドバンスの2回にわたり
        学ぶ「歩行」ですが、この歩行はなかなか理解が難しく
        何度学んでも体感したことしか腑に落ちないベスト1とも
        言えるテーマです。
        この「歩行」のメカニズムを体感する為に、ヨガをしながら
        からだの調整を行い、自身の歩行がどのように変化するのか?
        また、その変化・体感を理論的根拠にどう結びつけ解説する
        のか?をじっくりとワンデイセミナーで行います。

  【対象】  からだに関わるプロフェッショナル
        参照URL
                       http://studiopivot.seesaa.net/category/12735151-1.html

  【申込&問い合わせ先】workshop@studiopivot.com
             メールの件名に「解剖ワンデイ参加」とご記入ください。
             本文:お名前(ふりがな)
                お電話番号
                専門職種
                この講座を知ったきっかけ
             以上を明記の上、メールにてお申し込み下さい。

  
【申込締め切り】定員になり次第締め切ります★定員20名

IMG_7860.jpgIMG_7854.jpg
posted by スタジオピボット at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

■プロクラスの記録 博物館ツアー 第一弾■

プロクラスの皆さんの懇親会を兼ねて、東京大学 医学図書館併設の「健康と医学の博物館」にて、プチセミナーを行いました。
体験型の設備が多かったので、交代でロコモーティブ症候群の度合いが測れるテストを色々実践しました!

image-20130618164834.png

「からだで感じる解剖学」で伝えている関節機能の重要性と重心の関係性を解説させていただきました。
時間の都合上、全員のからだについてのコメントはできませんでしたが、また研究クラスなどでも触れていきたいと思います。

本日は遠方からもご参加下さり、本当にありがとうございました。
また、このような機会を設けていきたいと思っております。


image-20130618170727.png

博物館ツアー第二弾は、7/9に実施いたします♪



posted by スタジオピボット at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

■からだで感じる解剖学・オイルクラス★胸鎖乳突筋■

昨日のオイルコンサルクラス・参加者はkokantisきくちゃん
彼女も「胸鎖乳突筋」がテーマに。

長くこの仕事をしていると、こんな風に同じからだの部位に
関わることが続いたりします。⇒自分に必要な内容であることは間違いない!

今月から、コンサルテーションシートも新しくなり、
ちょっと、内容を変更しているんだよ、という説明をする前に、
からだの状態を話し始めたきくちゃん。

とすると、、まだトリートメントもしないうちから

「あーなんだかここらへん(首回り)が楽になってきた。

数日前から色んなセルフケアしていても緩まなかったのに・・」

こつばんママはすぐにピンときました。

もちろん、普段からからだを見立てている履歴があるから、すぐにピンとくるのですが、
元々のからだの癖や性格などを考えていくと、
胸鎖乳突筋に無駄な緊張が常に入っていて、そのために顎やら
首やら頭の位置が定まらず、カチコチに固めていた数日だった様子。

頭でいろんな事考えてしまった結果起こったようです。

でも、なんでしゃべって緩んだのか?

もちろん、性格もあります。
しゃべって緩める人もいます。

そんなしゃべって緩む人こそ、影響を受けやすいのが、
胸鎖乳突筋。
この筋肉は感情の影響を受けやすい


この胸鎖乳突筋ってよくハリウッド女優がデコルテをキレイに魅せるための
トレーニングをする筋肉。

胸元を突き出して、口をいーーーーーっと横に開きます。

これがその女優のデコルテトレーニングと言われています。

このイーーーっとやった時に、ピンと首に縦長に張り出す鎖骨にくっついている筋肉が胸鎖乳突入筋。

感情の影響を受けやすい根拠として、呼吸をする時に使う筋肉であること。
 ♯呼吸は感情の影響を受けます。
  自律神経のコントロールがうまくいかなくなると、過呼吸を起こしたりしますよね?

そして、骨格筋のグループなのに、筋繊維自体は平滑筋の分布が多いこと。
(※骨格筋というのは、肩とか膝とか関節を繋いでいる大きな筋肉。
  平滑筋は、血管とか内臓のように、ぐにゃぐにゃした筋肉。)

骨格筋ゆえに、動きは大きく、しかし、筋繊維は柔らかく繊細。

平滑筋でできている代表の内臓は、感情の影響を受けやすい・・・
自律神経の影響が出る筋肉でもある。
これは、表情筋の一部も同じ。表情筋もよく動く箇所は平滑筋である。
表情筋も感情が表れる筋肉。

感情と自律神経の関係を考えると、我慢とか、考え事とかをひっきりなしに
していると、交感神経が優位になっていき、こういった平滑筋繊維の筋肉が
特に機能が低下します。

我慢、考え事が多い時ほど、胸鎖乳突筋が固くなり、首の前側が縮みアゴが
固まってきます。
これは悪循環・・・・常に交感神経優位の信号が送られ続けていくのです。

しゃべって緩んだから良かったですが、こんな時はゆっくりと首を伸ばす事で
胸鎖乳突筋が緩んでほーっと暖かくなり眠くなってきます。

こうなったら、OK。副交感神経へ切り替えられたということ。

セルフケアでもこの胸鎖乳突筋を緩めることできます。
きくちゃんにモデルになって頂きました♪
IMG_6458.jpgIMG_6457.jpg

このストレッチはSTUDiO PiVOT代表平山の著書「きれいになる ボディデザイン」法研刊行
内にも紹介されています。

ちなみに。。。
モデルになって頂いたきくちゃんは、元々モデルさん。
モデル時代にハリウッド女優のデコルテトレーニングは、日常的にやっていたそうです。
そのイーーーーっとやることが、常に胸鎖乳突筋に刺激を送り、無駄な緊張を強いて
いたわけです。
交感神経にも信号を送り続けていたのと同じ。

このきくちゃんのバッググランドを知っていたから、「ピン」ときたのですが、
実際は、ちゃんとコンサルテーションをして、からだを見立てていかないと分かりません。


オイルコンサルクラスは、こんな風にからだを見立てて、
その人にあったトリートメントを組み立てて、フィードバックをもらう事の繰り返しです。

1人にどっぷり関わる。

そんなクラスを実施中★

「からだで感じる解剖学・オイルトリートメントクラス」



posted by スタジオピボット at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする