2016年02月17日

■ からだ塾日記 菅生SC Vol.67,スタジオピボットVol.20 ■

160213 - 18.jpg
快晴の土曜日にいつものからだ塾デイ。

大縄跳びに燃えて、全員跳びも大成功★
跳び石トランポリンはお寿司ボードとセット。
160213 - 16.jpg

親子でからだチェック、これはスタジオピボットも同じで
太もも裏側伸ばしをしっかりと。
160213 - 10.jpg

スタジオピボットクラスは、はじめまして、の小学生がいましたが、
娘曰く「はじめての人がいたから、コースが簡単だったね」と(笑
160213 - 13.jpg

次回、3月12日ですが、スタジオピボットクラスには、
こんなものが出来上がります!
160212 - ボルダリング1.jpg

きちんと足にあった「靴」で、ご参加ください、とご案内済み。

本日18:00配信のメルマガでは、こども靴に思うことを書きました。
小児靴の考え方は、欧米志向優位。
しかし、違うんですよ・・・

「そもそも日本人の股関節はすり足・草履の文化からはじまった」

骨盤と股関節のセッティングが違うのですから、、、
同じ考え方で靴を捉えて、本当にいいのでしょうか?
そんな疑問を持ちつつ、、、これは、こどものからだラボで研究テーマにも
なりえています。
そんな中、娘の足は激変しています。
足裏を2歳から撮り続けているからこそ、この激変に気づく、とも言えます。
意識しすぎ、かもしれません・・・でも、やっぱりその前兆があったから、
ここまで意識を向けられる。
それは、私の足にそっくりだったからです。
内股人生から脱皮するのに、時間もお金もかかりました。
だからこそ・・・
なんてなが〜いつぶやきを本日18:00に配信です。

広嶋さんとのコラボセミナーは、
明日20時にセミナー申し込みのフォームが開きます!
現在、修正・編集中ですが、詳細はこちらよりご覧になれます。
http://www.reservestock.jp/events/106912



posted by スタジオピボット at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

■ こども靴を選ぶには・・・三茶スニーカー訪問記ーその1 ■

珍しく、更新続いてます★
でも、これはちょっと書いておかなくては!という日記。
スタジオピボットのパートナー、神戸屋・西村さんが
絶賛オススメの「三茶スニーカー」さんへ行ってきました。
西村さんのブログにもこんな記事→リンクはこちら(三茶スニーカーでいい話を聞けました)
知ってから訪問までに時間がかかった理由として、
娘の靴探しにいくつかのステップが・・・まずは、西村さんから靴のイロハを伺い、
身近で買える月星の靴からスタート。
それが去年の10月なんです。つまり、こんなに体のことをやっていて、
娘の靴に本腰いれたのは、5歳の誕生日。

もっと早くはじめておくべきだった、と正直思っています。

「三茶スニーカーさんがこども靴やっているのかな?」

ということを聞きに急遽訪問。

160208-三茶スニーカー.jpg

家族三人で動ける日が圧倒的に少なく、
こんな至近距離に住んでいるというのに、三軒茶屋に三人で
出かけるのは年に数えるほど。。。
骨盤先生・平山が前から行きたいと言っていたこと、
娘の靴選びに同席して欲しかったこと(だって、意見が食い違うでしょ〜夫婦って)
なので、突如、行くことになったのです。

「お母さんの靴小さいなぁ、あってない。お父さん、ジャストサイズ。
紐はこうやって結んでね」

と、娘の靴を選ぶ合間にご指導いただきました。(岡山さんありがとうございます!)
その理由は・・・

「お子様の靴に関しては、
子供さんの意見は参考として、
とにかくまわりの大人がそれが正しく履けてるかどうか
判断しないといけません。

それには、大人(親)が正しく履いてるかどうかが基本となります。

見本がしっかりしてないと、お子様はどれを基準にしていいかわからなくなります。」

以上、
三茶スニーカーの岡山さんの言葉です。
(岡山さんからのメールの内容一部お借りしました。)

西村さんの受け売りで、自流の靴探し、フィッティングから3ヶ月経過していて、
その間でも、足裏に大きな変化は出ていました。
その変化の様子は、本日配信のメルマガ限定動画でご紹介しています。
→本日午後8時配信予定です★ご登録は左のバーからどうぞ。

その中で、股関節と足首の調整とセットで靴。
このゴールデンコンビがようやく見出せそうです。
靴の種類が多すぎて、それをリサーチする時間もないのが本音。
なので、こんな信頼できる靴屋さんと出会えるのは幸せなことです。
ご近所ですので、早速、ママ友にLINEしてお知らせしました。

岡山さんより・・・
@本人といっしょに来店して、サイズを合わせる
A半年は、十分履けると思われる余裕なら、半年間は靴を気にする必要がない
B半年経ったら、もうそろそろ次のサイズに移行できるかもと来店する
C替え時なら購入 まだ履けるなら継続
D買い替えたら、また半年後
というような流れがスムースではないでしょうか?

こんなアドバイスもいただきました。
最高に丁寧な接客で、ワクワクするし嬉しいです。

娘はぴったりの靴を履いてご機嫌。

160208スニーカー.jpg

娘の保育園は上履き指定がないので、普通に外履きに使う靴を
上履きにしようと思って二足購入。
二つともニューバランスでした。
また、これで足裏測定を行っていきたいと思います。
この経過報告もまたメルマガでお伝えいたします。

次は、私のスニーカー購入で訪問記その2を書きたいと思います。
今、排卵期なので、生理終わってから行く予定です〜
(生理周期の靴選びは日々のTwitter@kotsubanmamaをご覧ください★)

お子様の靴で三茶スニーカーさんに伺う際、
かならず、岡山さんに「こども靴の相談いいですか?」とお声かけくださいね。
表には一足もこども靴が置いてありません!
サイズなどないものは、取り寄せてくれるそうです。
まずは、お子様の靴、それで大丈夫?
今の靴があっている?
そんな相談も、、、とおっしゃっています。

足育ばぁば・広嶋さんとのコラボセミナーを控える中、
こどもの靴にこんなに真摯に向き合ってくださるショップに出会えて
嬉しい限りです・・・

岡山さん、また近々お世話になります!
ありがとうございました。



■0歳からはじめるからだ教育(東京・バンコク)■

★東京・目黒区★
スタジオピボット本部で行っています。
・こどもの関節力診断
・発々こどものからだ塾

 http: //studiopivot.seesaa.net/category/12734643-1.html

★タイ・バンコク★
・親子足裏・靴減り診断

・ファミリーからだコンサルティング(バンコクのみで実施)



posted by スタジオピボット at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

■ からだ塾日記 菅生SC Vol.66、スタジオピボットVol.19 ■

今日の雪はすごかったですね!
今朝、自宅前の写真を撮り忘れましたが、実家からこんな写メが・・・
20160118雪.jpg

どこの地域かと思いますよね。埼玉県です。
我が家の目の前よりは降っていたようです。

昨日は本当に寒い1日でしたが、からだ塾は汗だくのこども達で盛り上がりました。
菅生SCは、12月がお休みだったので、からだが固まっている子もいましたが、
すぐに汗だくに・・・
跳び石トラポリンを最初に持ってきて、サーキットにしました。
このサーキット、みんなやめないの!
参加者のHちゃんが「この意味もなくぐるぐる回っていくのが楽しい」と
私のそばでつぶやいてくれました。
そう、大人は忘れがち。。。。。

頭が真っ白になるまで遊ぶ

この言葉そのままの声がきけました。

関節力が高まる遊び、と意味付けていますが、
それは、大人向けの発想。
こども達は意味なんかどうでもいいんだよね。
楽しければ、それでOK。
遊ぶだけで関節力が養える。
安全にスリルを味わう。
無意識に勝負をする。

こんな機会をもっとたくさん作りたいなぁ、と思った瞬間でした。
160116 - 14.jpg

スタジオピボットの少人数クラスは、いつもの顔ぶれ。
今回は、からだ塾版ドッジボール、どこからボールが来るかわからないぞ〜
をやりました。
160116 - 1.jpg
このドキドキ感も、運動と脳のバランスに重要。
与えられたカリキュラムの運動よりも、ずっと本能を刺激します。
定番のサーキットでみんな汗だくだくでした。
160116 - 4.jpg
次回は、2/13開催です。
菅生SCは募集しておりませんが、スタジオピボットクラスは、
空席があります。
こちらのフォームよりお申し込みください。



posted by スタジオピボット at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

■ からだ塾日記 菅生SC Vol.64、スタジオピボットVol.17,18 ■

すっかり、からだ塾日記の更新が滞り・・・
会員ブログの更新もうまくできておりませんが、
どのクラスものんびり開催しております。

菅生スポーツ・コミュニティクラブ、12月はお休みになりました。
11月の菅生は、バランス親子相撲やバランスディスクジャンケンなど、
なるべく、バランス運動を中心に・・・と実施。
呼吸機能の低下も目立っていたので、背中もしっかり使いました。
151114- - 3.jpg 151114- - 7.jpg

スタジオピボットのからだ塾は、少人数制とはいえ、
スタジオのスペースを使いきり、しっかりからだを動かします。
この時期、絶対欠かせないのは、イナバウアーに飛行機
飛行機.jpg イナバウアー1.jpg

サーキットも狭い中での工夫。
1212 - 11.jpg 1212 - 1.jpg

次回は1/16です。

現在、バンコク・こどものからだ教育向けに動画配信中です。

posted by スタジオピボット at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

■ 脚のむくみ、だるさと姿勢の関係 ■

小学校のPTA講演会でのアンケートに、たくさん意見を頂きました。
量がとても多く、全てをご紹介することはできませんが、
その中からいくつかご紹介・・・・

20151111 - 1.jpg
運動不足で、たまにたくさん歩くと、余計に足がむくんでいた理由がわかりました。
正しく歩く、座る立つをしないといけないのですね。
大変ためになるお話でした。家庭でも続けて取り入れていきたいと思います。

私もかつては、運動すればするほど、脚がむくみ、太くなっていく毎日を過ごしていました。
それが、内股と大きく関連し、その内股を直すプロセスの中に、むくみの原因があったということを
お話させて頂きました。
脚の付け根(股関節)とふくらはぎです。
ぜひ、ご紹介したエクサイズを継続してくださいね。

じっくり時間をかけて行ったエクササイズを短くまとめてみました。

とても為になりました。教えていただいた事を家でも実行して、
 体の変化などに気をつけていきたいと思います。

靴底の減り方で子供の性格を言い当てられたのには驚きました。

やや内側が減っていたり、こどもでも脚を組む癖があったりする場合、靴の減り方、歩き方に「性格」が大きく影響しています。
基本的には、我慢強かったり、言いたいことを胸にしまってあったり、学校で起こったことをあえて言わずにいる、など
言いたいことは、すぐには言わず、ずーっとためておくタイプのお子さん。
洞察力もあるんですよ、そんなお子さんは。
だから、研究者向きかもしれません。
運動が好きだったら、ひたすら練習を分析し続けていくので、優秀な裏方になれると思います。
プレイヤーの場合は、チームプレイがいいかもしれません。
もちろん、靴減りだけでは言い切れませんが、そんな性格だったりすることが多いです。
そんなお子さんって、脚の内側にぎゅーっと力を入れて固める癖もあるんです。
座っている時に、太ももの内側がぎゅっと縮んでいますから、歩いた時に内股になりやすいのです。
そんなお子さんに向かって
「脚を組むのはやめなさい」
とか
「力をいれないで」

と言っても、できません。

脚に入った力を自分で抜くことが苦手なんですから・・・
だから、抜いたほうが楽なんだよ、という経験値を幼少期にどれだけ味合うことができるか?
なんです。
神経は気持ちいいと感じれば、その気持ちい状態につながろうとするんです。
ぎゅっと固めて、その状態が気持ち良いと感じれば、そっちの神経の数が増えていきます。
だから、日中固めた分をうわまるだけ、緩めてあげることが大事。

こんな風に、股関節を動かしてあげてくださいね。

からだ塾・個別コンサルティングについて
もっと詳しく知りたい、お子様の状態を把握したい、という場合には、

お子様向けの個別コンサルティングも実施しております。
http://www.studiopivot.com/seminar/ph.html#kodomo-kansetsuryoku

発々こどものからだ塾
グループクラスです。自宅でのケア方法などもお伝えしています。
http://studiopivot.seesaa.net/category/12734643-1.html
※現在、川崎市のクラスは募集しておりません。
スタジオピボットクラスのみとなります。

ファミリーコンサルティング(タイ・バンコクにて、先行開始)
http://studiopivot.seesaa.net/article/425597561.html



講演会のご依頼について
幼稚園・小学校・中学校などの公共機関での講演会も受け付けております。

詳細はフォームよりお問い合わせをお願い致します。
フォームにご希望など沿えてお問い合わせくださいませ。
宜しくお願い致します。
http://www.studiopivot.com/contact.html



posted by スタジオピボット at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

■ 小学校PTA 講演会 靴減りからみるからだの癖・ゆがみ ■

菅生スポーツ・コミュニティクラブの関係からなのか、
川崎市からお声がかかることが多いSTUDiO PiVOTです。
昨日も金程小学校PTAの皆様にお声かけいただき、
お邪魔してまいりました。
50名くらいの保護者の皆様にお集まりいただきました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。

20151106- - 1.jpg

いつも通り、しゃべり倒したのは、こつばんママ・原田です。
毎回、参加される皆様の顔色で、出てくる言葉が変わってしまうのですが、
ノリの良いママ達に乗せられて、ついしゃべりすぎた感も・・・
後ろから平山に「時間見ろ」の合図(苦笑)
昔は、私がタイムキーパーだったのに、と頭をよぎったのですが、
今ではすっかり逆転しています。

前半にママ達に「体感」をしていただくために、
「座る」「立つ」「歩く」の重要性を確認して、
様々なエクササイズを実践。
ママ達がきゃーっと言ったのは、ふくらはぎ伸ばし(正確には、ヒラメ筋ですが)
20151107-ふくらはぎ伸ばし.jpg

いつも通り、のんびりゆっくり伸ばして、足踏みすると
不思議なくらい足が軽い、というのを味わえます。

20151107椅子四股.jpg 20151107momonga.jpg
こんな姿勢もじっくりやりましょう、という投げかけをやりながらの前半。
後半は、靴減りからみる癖の特徴と、改善エクササイズ。

ただ、このエクササイズをやったから改善する、とは言えません。
こどもといえども、一人一人特性がありますので、
本当にひどい場合には、個別の対応が必要です。
靴減りからわかることはあくまでも一部。
でも、やらないよりはやった方が絶対的に成長がスムーズになります。
「座る」「立つ」「歩く」は、ママのためにもなる、という事実は、
昨日実感して頂けたと思います。

講演会後に、プチコンサルティングも。
お子様の靴減りでワンポイントアドバイス。
→これだけやっておけばいい、という絶対的なものは
実際にお子様にあって、からだを見ないとなんとも
言えないのですが、靴減りから見た歩き方の癖には、
これが必要ですよ、というのをお伝えさせていただきました。

ぜひ、この「座る」「立つ」「歩く」を家族で実践してくださいね。

そして、内股は要注意!と言いました。
内股の関する記事、こつばんママの独り言につぶいております。
参考までに、こちらもどうぞ。

参加してくださった保護者の皆様、
そして、企画してくださったPTA役員の皆様
また、校長先生も参加してくださり、ありがとうございました。
アンケートにも沢山書いて下さり、感謝いたしております。
また、お会いできるのを楽しみにしております。



からだ塾・個別コンサルティングについて
もっと詳しく知りたい、お子様の状態を把握したい、という場合には、

お子様向けの個別コンサルティングも実施しております。
http://www.studiopivot.com/seminar/ph.html#kodomo-kansetsuryoku

発々こどものからだ塾
グループクラスです。自宅でのケア方法などもお伝えしています。
http://studiopivot.seesaa.net/category/12734643-1.html
※現在、川崎市のクラスは募集しておりません。
  スタジオピボットクラスのみとなります。


講演会のご依頼について
幼稚園・小学校・中学校などの公共機関での講演会も受け付けております。

詳細はフォームよりお問い合わせをお願い致します。
フォームにご希望など沿えてお問い合わせくださいませ。
宜しくお願い致します。
http://www.studiopivot.com/contact.html


posted by スタジオピボット at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

■からだ塾日記 すぎなみVol.7、 スタジオピボットVol.17■

幼稚園訪問とかアップしそこなっていますが、、、、
遅ればせながらのすぎなみからだ塾・講座編を9/29に、
スタジピボットは10/10に実施。

すぎなみの講座編は、運動会前でキャンセルが相次ぎ、
超少人数でアットホーム。
ほとんど質疑応答から講座が進行。
喋り足りていないのもあり、12月の講座編でも続編を実施することに!
20150929 - 3.jpg

季節によって変わるからだ、心。
でも、これって自律神経が働くことで起こることでもある。
肌の感覚や、気温に対する反応など、自律神経と季節、
そして、性格も関わっているという話。
今回は、お子さんたちの実例をもとにお話をしていきました。

キンモクセイが香る、素敵な季節・・・
20150929 - 2.jpg

うっとりとした中での開催でした。

そして、10/10のからだ塾は、午前、午後開催。
運動会で参加できません、、と残念がっていた皆さんもいらしたので、
秋の開催は本当に難しい・・・
菅生スポーツ・コミュニティクラブはお休みです。
次月は11/14。
20151010- - 21.jpg
スタジピボットは、午前・午後ともにこんなメニュー。

20151010- - 1.jpg

呼吸器が弱ってきているこの時期。
イナバウアーを親子でもね。

20151010- - 26.jpg

恒例の跳び石トランポリンも。

またのご参加をお待ちしております★

posted by スタジオピボット at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。