2016年12月22日

■ こどものからだ日記 おねしょと幼稚園行事 ■

nico laboの連載もその17となりました。
ぎんなん幼稚園で実施している「ママのためのからだ塾」では、定番のテーマになった
「おねしょ」です。
こちらのURLよりご覧いただけます。
20161223.jpg

各地方新聞の掲載で、お問い合わせなど増えておりますが・・・
足裏診断だけでわかることは一部。
やはり、実際にお子さんにあって、お母さんから日常のことを伺って、
運動の状態や関節機能の様子を見てみないと、なんとも言えません。

しかし・・・今までの経験から
おねしょタイプ
便秘タイプ
中耳炎タイプ
湿疹タイプ
気管支炎タイプ

というように、慢性化まではいかないけれど、
何かあると、このような一つの症状が続くお子さんがいます。

私自身が中耳炎タイプの子どもでしたので、なぜそうなるのかが
わかります。
中耳炎タイプのお子さんは、歯のくいしばりが強めなので、
虫歯とか増えやすいとも言えます。
人一倍、歯磨きが大切になる、ということです。
今回、nico laboの記事にはおねしょの話を書きましたが、娘のおねしょは長くなく・・・
一過性でした。どちらかといえば、我が娘は便秘&下痢に出ているようです。
切り替えがうまくいっていないなぁ。。。。という時。
やはり「緩める」ことが大切に。
のんびりモードに変えていくのは、子供だけでなくお母さんも。
一瞬でいいので、今のペース大丈夫?と自分に問いかけてみてくださいね。
師走でワサワサしているかもしれませんが、どうぞ呼吸を整えて★


呼吸を深くするエクササイズー胸鎖乳突筋を伸ばす from STUDiO PiVOT on Vimeo.



posted by スタジオピボット at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。