2015年08月06日

■ からだの土台そして、靴 ■

このブログの過去記事を見て頂くとわかりますが、
私、ものすごくひどい内股だったんです。
小学生の頃はよく、からかわれていました。

そんな私の足、ひどいです。
合う靴がなかなか見つからない。。。なので、ずっとブラックホールに入れたままでした。
身体の土台をある程度整えてしまうと、ある意味そこまで気にならない、、、という事もあり、
動きやすさ重視で、スニーカー族に・・・
近年は、娘をどれだけ早く追いかけるか?(笑 も有り、フォーマル以外は、パンプスを履く
事がなかったのですが・・・

靴を売らない靴屋・シューフィット神戸屋の西村さんに出会って、
目から鱗の発見がっ!
http://www.koubeya.co.jp/(神戸屋さんHP)

20150805-16.jpg

ちょー久々のパンプス。

そして、この感覚がフラメンコシューズに似ていました。
と気づいたのは、数分履いて歩いたり、プランタ(足指まげて踵を上げる)をしたりしてからのこと。

西村さんの診断を受けた方の「声」は多数。
こちらのブログをご覧になると、その「声」がいっぱい。
皆さんが西村さんに会った時の事をブログに書かれています。

先日、この西村さんにお世話になったという方は、
「足にあった靴を履くようになって、顎関節が治った」
とも・・・(西村さん談)

そうだよね。ちゃんとした靴を履けば、安定する訳だし、
当然、足裏のメカノレセプターもきちんと機能して、足首の可動域も広がり、
体重移動時に、無駄な力も入らなくなる。
足下が不安定であれば、三半規管には、不安定だよ、の指令が伝わり、
頭の位置を水平に保ってね、という動きをしないと危ないよ〜となってくる。
でも、そんな時、顎をぎゅっと噛み締めて頭の位置を正すというメカニズムがあるので、
変な靴を履いていると、顎がおかしくなる事、もちろん有ります。

自分の足の状態を知ること
それにあった靴を知ること

まさに、やっていることはAWARENESS ANATOMYレジスタードマークです。
そもそも足はこんな風になっているんだよ、というのを丁寧に解説をして下さいます。
解剖図を見せて、この部位の筋肉がね・・・と。

そして、デジタル診断とアナログ診断
20150805-03.jpg 20150805-05.jpg 20150805-12.jpg 

この測定の様々な視点は、実際の体験ブログをご覧になると、たーくさん出てまいります。
是非、西村さんのブログの左のバー「お客様の声」をご覧下さい。 

この足診断と靴のお話、本当に目からウロコでして・・・
20150805-13.jpg

★ 何で日本の靴は、幅が広めの靴が多いのか?

★ イタリアの靴の方が合うなぁ、と感じたのが何故だったのか?
  (私だけの話ではなくて、ご来店される方でそうおっしゃる方が多いそうです)
  →思ったより、ずっと踵のサイズが小さかったです。

★ 骨盤・股関節の調整で、内股がほとんど治ったけど、
  何で外反母趾の最後の最後が取りきれないのか!?
  →ぶっちゃけ、これは「靴選び」に理由があったのです。

★ 欧米の靴屋さんが、こどもにハイカットを勧める本当の理由。
  →私、勘違いしていました。解剖学の歴史・・・やっぱり日本は浅い!
   そして、うちの娘がなんで内股気味になっていたのかも。
   私の遺伝の足の形状と、靴選びが関連していました。

★ どんなに骨盤・股関節だけを調整していても、横のアーチが落ちる、
  開張足になってしまう本当の理由。
  西村さんもそのことをブログに書いておられますが。。。
  実際、診断を受けて判明した様々な事・・・
  結局、日本の靴の形状に関連がありました。
  イタリアに行った時に、スーツケースに靴を詰めて帰った事がありますが、
  何故、日本の靴だと満足できなかったのか?の理由も、この開張足と関連。


と、★印のトピックを書きましたが・・・これをセミナーでお伝えしつつ、
骨盤・股関節との関わりをもっと解説していこうと思っています。

身体の土台と靴の関係

新しいテーマに取り組んでおります。
10月には、西村さんとコラボセミナー開催♩
また、お知らせ致します★



posted by スタジオピボット at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423663826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック