2014年06月20日

■ ユルメディオイルトリートメントクラスでの一コマ ■

昨日のオイルクラスの一コマ。

参加メンバーの一人は、妊娠・出産・産後のケアに携わるセラピスト。

彼女の質問の軸は、

「妊婦さんの骨盤の動きの理解」

何度も解説をしているけれど、やっぱり本質の理解がなかなか難しいのが妊婦のからだ。

からだ本来の機能をかなり熟知していないと、
混乱するのが妊婦。

妊娠すると、関節の柔軟性が高まる。
骨盤を最大に動かす為のホルモンのしわざ♫
妊娠前のからだを知らない場合、その妊娠前のからだを想像する必要がある。
●仕事をしていた?していない?
  ●何人目の子供?
  ●仕事していたら、その職種は?
  ●旦那様が家庭にどのくらい関わっている?(家事をどのくらいやっているかな?)
なんて挙げたらキリがない。

妊娠すると
○ 血流量が変わる
  ○ ホルモン分泌が変わる

子宮が膨らむと骨盤はどうなるの?

これで関節はどう変化するの?

骨盤と股関節の関係性、基本機能はあるけれど、その人のニュートラルと基本機能は分けて見立てる必要がある。
「ここ」が皆の混乱の基。

メソッドを習得してきたセラピストは「からだを平均化」することに長けている。
これは、メリットにもデメリットにもなる。

マニュアルを覚えて実施することが大得意な日本人は、
平均化したマッサージを行うのが本当に上手だ。
スパなどのマニュアルの実施は本当に得意分野。

でも、その平均化した覚え方をしてしまうと、個人差の見立てができなくなる。
十人十色。
個性をきちんと見立て、そこに基本機能を重ね合わせ、十人十色のアプローチを行う。

骨盤と股関節の関係性も十人十色。
もちろん、似たパターンがあるので、「あ、こんな人いたな」はある。

ユルメディオイルトリートメントクラスで皆の混乱を沈める時間も必要。
それでも、その混乱の整理がつかずに離れていく人もたくさんいます。

スタジオピボットではからだの平均化はしません。
だからこそ1年かけて学ぶ必要があるし、
まずは、自分自身のニュートラルを知ることから始めます。

これは、解剖クラスも同様。

「機能解剖学」
「オイルトリートメントクラス」

と分けて実施してはいますが、伝えていることは同じ。
オイルトリートメントクラスについては、技術提供をしているので、
メソッドに近い部分もありますが、技術を取得しただけでは結果が出ないので、
解剖学クラスの受講を行って頂いています。

妊娠・出産・産後

ここを見る前にまずは、妊娠前の基本機能とニュートラル。
ここがスタートになることを忘れないように、、、
とクラスを終了。

about-semi-oil-2.jpg

本科で学んでいる間でも、専門分野の事につなげていきたいのが
現場の思い。
でも、やっぱりその前に基本機能がきちんと頭に入っていないと・・・
引き出しが空かない。
基本機能さえ身に付いてしまえば、必要な時にその引き出しはあく。
創意工夫も大切。

習った事をそのままやるトリートメントじゃなくて、

見立てて、組み立てることができるように。
その土台を本科で作っています。
次はコンサルテーションクラスで「見立て力」を高め、「組み立てて、実践」する
練習をしていきます♫




posted by スタジオピボット at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。