2012年11月20日

■発々こどものからだ塾 遊びの効果−上半身を使う■

●お寿司ボードでアザラシ歩き

●お母さんと手押し車

●平均台に足を乗せて歩く


この3つは、日常生活で動かす事が少ない動きです。

こつばんママは、このサーキットの御手本をやりました。

1回しかやっていないのに・・・・

腹筋が筋肉痛です。(情けない!)

背中を動かす運動なのに、何で腹筋が筋肉痛になるのでしょうか?

身体は前側と後ろ側がひっぱり合って立つ事ができるのです。

背中をしっかり動かそう!と力を入れたら、
前側の腹筋を緩めて伸ばさないと背中は動きません!

つまり・・・昨日のこつばんママは、寒くて姿勢が悪くなっていて、
腹筋をぎゅーっと縮めていたのです。
骨盤のウォーミングアップだけでは足りていなかったのですね。

「背中」「肩」「肩甲骨」

を最大限に動かすということは、

最大限に腹筋を緩めて伸ばしてあげないといけないのです!

「腹筋運動」だけやっても無意味。
姿勢が悪くなるだけです。

寒い時期は本当に注意が必要。

もし、筋肉痛になっている人がいたら、イナバウアーをお家でやってみてね
E3838FE38299E383A9E383B3E382B9E3839BE38299E383BCE383AB.jpg


posted by スタジオピボット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。