2012年11月20日

■発々こどものからだ塾 遊びの効果ー縄跳び■

「縄跳び」最大の効果は呼吸が整うことです。

ただ飛び上がっているだけと思われがちですが、
地面から飛び上がるには、歩き・一歩の約5倍近いエネルギーが必要となります。
当然、からだ全体を動かさなくてはなりません。
その効果は意外と知られていませんが、内蔵機能全体を発達させる効果があり、
特に、呼吸機能は大きく影響しています。

跳んでいるときには、脚や背中の筋肉がたくさん動きます。
この脚や背中の筋肉は、呼吸をする時に肺を動かすために使われたり、
血行を促進するために使われています。
これによって、縄跳びをすることで呼吸機能が活性化し、
呼吸が整います。

また、脚や背中の筋肉は、姿勢を維持する筋肉でもあるため、
縄跳びで脚や背中の筋肉が活性化すると、姿勢がよくなります。

縄跳びは、呼吸が整う⇒姿勢がよくなる⇒集中力にも繋がります。

「発々こどものからだ塾」では判断力、タイミング、リズム感 距離感、を養うために
複数で大縄跳びを行っています。 
これによって参加者全員が目標回数で来たときの達成感が、
より一層、跳ぶ楽しさを作ります。
0223_3.jpg0223_4.jpg


posted by スタジオピボット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものからだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。