2012年11月16日

■骨盤先生のからだコラム Vol.40 歩数の平均■


  • 2012年4月に文部科学省から、全国の保育園、幼稚園に幼児期運動指針についての通達がありました。子どもの発達に即した運動を提供することが明記されています。国は子供達に運動をすることを薦めているものの現場では悩んでいる先生方も多くいるのではないでしょうか? 
    参考:http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/undousisin/1319192.htm


  • 30年前18000歩、20年前12000歩、10年前8000歩、現在6000歩、一日平均の幼児が歩く歩数だそうです。30年で3分の1に減少しています。皆さん如何思われますか? 



  • 愛媛の山奥で視察に伺った保育園の園児さん達はみんな足指の間隔が十分にあり、足首も柔らかい子が多くみられました。 





posted by スタジオピボット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨盤先生のからだコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック