2012年06月20日

肘〜手首で肩こり解消★からだで感じる解剖学


  • おはようございます。本日のプロ向けセミナー・からだで感じる解剖学は「自由上肢・前腕」です。
    肩〜肘を上腕部、肘〜手首を前腕部と言います。
    その肘〜手首の前腕部を中心にセミナーを行います。
    前腕と言えば・・・これが実は肩こりの原因になっている事多し。
    posted at 07:07:59


  • 特にPC作業をしている皆さん!実は、この前腕部が凝り固まってくると、確実に肩こりになります。いくら肩を揉んでも楽にならない、という方は前腕部を緩めましょう。セルフケアはマッサージが効果的。
    posted at 07:10:23


  • 肩が痛い、腕があがらない、四十肩・五十肩が起きている人に、前腕部(肘〜手首)を緩めるだけで、すっとあがるようになること、よくあります。今日はこの前腕部を緩める実技をじっくり行います。先月は、肩の関節に圧をかけて肩の可動域が拡がる体験をしました。
    posted at 12:35:15


  • 今回は、肩を触れずに、肘〜手首の動きを理解して、ゆっくり緩めて動かすと肩の回りがよくなる体験、今からしていきます。
    posted at 12:36:03

  • 前腕1.jpg


  • 肘の付け根を片手で押さえながら、肘を曲げ伸ばしすると、実は肘が凝り固まっていることに気づく。パソコン仕事をしていると、この肘は曲げたままになるのだ。ずーっとその形のままで手首や指先だけ動かすと、どんどん腕全体が凝り固まってくる。 肩こりの盲点だ。
    posted at 12:43:23

  • 前腕3.jpg


  • 「さる腕」は肘が凝り固まって、内側に丸まりすぎて起こる現象(解剖学用語では”回内”と言う)さる腕、治りましたbyこつばんママ(プロクラスアシスタント中)
    posted at 12:53:25



  • 肩肘張る って言葉、はこの肘が固まって、肩凝りひどくなり、人の話しもきけなくなっちゃうくらい頑張ってしまう事を言うのではないだろうか?肘〜手首を緩めるマッサージで、聞く耳が戻ってくる、、、のではないかなぁ。
    posted at 12:57:48



  • 参加者Tさんの声:前腕を緩めたのに、座るのがすごい楽になった!
    posted at 14:07:57



  • 肘〜手首が凝り固まりをとっただけで、姿勢がよくなる。
    posted at 14:21:12


前腕2.jpg

こんなセルフケアもオススメです。



posted by スタジオピボット at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのプロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。