2011年11月28日

こどものからだに必要なこと

「こつばんくらぶ」とは、「こどものからだ研究所」の活動のひとつです。幼稚園訪問やこどもの施術で感じた「こどものからだ」についての日々の記録などを綴っております。


いつもお世話になっている幼稚園のこども達の

サッカーの試合があるというので応援に行ってきました。

残念ながら・・・・

優勝は逃しましたが良い試合を見せて頂きました。
t02200147_0300020111639239341.jpg

- - -

試合終了後、サッカーの指導者たちと話す機会があり 

ある指導者が、

『私は勝ち負けよりも、サッカーが将来へのからだ作りのきっかけになれば』

と話していたことが印象に残りました。

以前聞いた話ですが、

幼稚園児に専門的なトレーニングや筋トレもどきのことを指導している園もあるそうです。

果たして本当にそれでいいのでしょうか?

この時期は動かし方を教えるのではなく、

どのようにしたら安定して動けるのか?

そういったことを自分で感じ取り学ぶことが大切だと考えます。

指導者はついつい自分のスタイルにはめ込もうとして

「型」を教えてしまいがちですが

教えることよりも、

「気付き」のきっかけを与えてあげらるのが理想的なのではないだろうか?

そんな指導者が増えてくれるといいな、と感じた休日でした。



ラベル:関節力
posted by スタジオピボット at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。