2011年05月16日

足の小指と爪

内反小趾(ないはんしょうし)

聞き慣れないかと思います。

小指が曲がって内側に入ってしまっている事。

私の昔の足は、

この内反小趾と外反母趾両方が起きていました。

内反小趾になると、小指の爪が小さく、なくなってきます。

昔、足の小指を父の車のドアに挟んだ事があります。

たぶん、小学生・低学年の記憶・・・

足の小指が小さく変形しているのは、

車のドアに挟んだから、

と思い込んでいました。

でも、からだの事を勉強しはじめて、

足首が治ってくると、

小指の爪が出てきたのです。

今もまだ少し小さめではありますが、

昔の思い込みはどこぞへ・・・・

股関節くるくる&足首くるくる

外反母趾も内反小趾も、

部分的にケアしても、治りません。

股関節がちゃんと動いていないから、

体重を支えている足首にも負担がかかり、

さらに、その支えきれない足首のかわりに

足の指が頑張ってしまった結果です。

根元になる股関節

何より、これが原因だったのは、

言うまでもありません。

足の変形、今幼児期からはじまっているそうです。

幼児期に起こっている足の異常、

そのまま見逃すと、私に起こった不定愁訴が多いの大人になる可能性が高いです。

女の子は特に・・・・

いつはじめても遅くない、

股関節くるくるです。




ラベル:骨盤の話
posted by スタジオピボット at 07:25| Comment(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

ジャーマンカモミール

昨日、娘の発熱の事は書きましたが、

今、話題になっているヒブと肺炎球菌の同時接種をしたのです。

ヒブを接種した右手だけが、少し赤く腫れていたので、

軟膏が処方されました。

でも、すぐにひいたので、塗ってはいません。

アズノールという非ステロイド系の軟膏です。

担当の小児科医は、休診の今日もお電話を頂き、

様子を伺ってくれました。

こうゆう電話、安心するのだな、と。

母親がパニックになると、こどもの熱が下がらない、

と学びました。


骨盤ママ ゆうここのからだからみる育児


話しは軟膏に戻ります。

アロマオイル(エッセンシャルオイル)には、

この軟膏のようなブルーをしたものがあります。

代表的なのは、ジャーマン・カモミール。

http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/s/j_chamomile.htm


でも、実際のジャーマン・カモミールの花にある訳ではなくて、

アロマオイルを作る過程(水蒸気蒸留といいます)の中で、

このブルーの色に変化をしていきます。

だから、ハーブティーではブルーにはなりません。

この魔法みたいな現象に、アロマを勉強しはじめた頃、

胸が騒いだ思い出があります。

私が4歳の頃、それも幼稚園の入園式の時、

「みずぼうそう」

にかかった私。

その当時は、このブルーの薬を塗られた記憶があるのです。

当時、主治医だった開業医で内科の先生(亡くなってしまって本当に残念・・・今、色々話しを聞きたかった)

が、ちょいちょいと塗ってくれたのを記憶しています。

で、その赤い腫れの後にブルーの薬だから、

顔が大変な事になっていて、

公園でしらない子どもに

「おばけー」とか言われて逃げられた記憶が鮮明に残っています。

だからなのか、、、、

ジャーマン・カモミールに含まれているこのブルーの物体に

興味津々になったのは・・・

香りもさることながら、

この美しいブルーにみせられたアロマセラピスト、他にもいるのでは?

アロマテラピーと西洋医学の接点でもあるのかな、と思い

記事にしてみた次第です。

昨日の赤み、すでに引いていますし、熱も平熱になりました。

からだのいろは

を知っていても、

予防接種による反応には、

一瞬驚きます。

これも、こどもによって反応が違うし、

小児科医によっても判断が違うのだと思います。

そういったガイドラインは、

親が決めるものである事には間違いない訳です。

だからこそ、

からだのいろは

知っているだけで、

ちょっと安心するのは言うまでもありません。

妊娠して自分のからだに意識が出て、

色々学ぼうと思う人が多いけれど、

こどもが生まれると、

せっかく自分のからだで意識できた事を

ついつい忘れてしまうのはもったいない、、、と思っています。

この際、子育ての中で、

からだのいろは

を学んでしまうのは一つの手です。

自分のからだも、こどものからだも一緒に学んでいく。

妊娠・出産がもたらす最高ギフトだな、と思う骨盤ママです。

posted by スタジオピボット at 16:20| Comment(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

香しい夜

photo:01



まどの向こうに月がきれいに輝いていました。

窓を開けると香しいジャスミン。

この時間、香りが強くなるのです。

アロマオイルになる成分は、

花によって、香りの強い時間が違います。

ジャスミンは、夜から強くなる。

娘にも、この香りが届くかな。





iPhoneからの投稿
posted by スタジオピボット at 20:21| Comment(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またもや発熱

photo:01



昨日、予防接種をした娘。

昼過ぎには、40度近くまで発熱し、

さすがに焦り、いつもの小児科に電話したら、

時間外でも診てくれました。

予防接種の反応にしては、高熱なので心配だったのですが、

熱以外に反応もないので、

急変したらすぐに救急へ、

と、解熱剤の処方。

今、38度代まで下がりました。

ちょっと下痢気味。

処方薬局ですすめられた電解水。

娘、まずっ、て顔して飲みませんでした。

でも、こんなのあるんですね。

こどもを産んでみて、いろんな商品がある事に驚く事、しばしば。

でも、水分はせっせと摂らせています。

本来、みんな発熱したら下がるんですよね。

上がりきれば下がる。

この前の予防接種後も下痢をしていました。

熱をだせたり、便を出せるのは丈夫な証拠、と学びましたが、

さすがに、自分の娘、一瞬戸惑います。

こんなとき、ママさん達には

一緒に寝てください、

ママの疲れもお子さんの発熱に影響しますよ、と。

自分で自分に言い聞かせ(笑

今日は、これ以上何も出来ないから

諦める事にしました。

熱と共に成長する。

休みの私をねらった発熱に間違いないかと…







iPhoneからの投稿
posted by スタジオピボット at 19:01| Comment(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

雨の中、ご参加ありがとうございました

一昨日、5月11日は一週おくれのサークルでした。

雨の中ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

3回目にして、また写真を撮り忘れた骨盤ママです。

今回は、9ヶ月の双子ちゃん(男の子&女の子)ママ&パパ(初参加!)、

6ヶ月の男の子とママ

1歳4ヶ月の男の子とママ

にご参加頂きました。

双子ちゃんのママから、ブログに載せている

「くるくる股関節」と、「赤ちゃん編の股関節くるくる」と「ノビノビ呼吸」の希望が出たので、

それらをやりながら、色々とお話をしていきました。

骨盤ママ的には、双子の子育ての大変さを色々と感じていたので、

そんなお話も伺いつつ・・・

一番気になったのは、お風呂。

これは、前にお伺いをしていたのですが、

どうやって入れているの?と・・・。

当然、一緒に入る事は出来ないので、

沐浴のみ。

やっぱり、一人がぎゃーっと泣いているのは

そのままにして、一人ずつ入れて、

ママは10分くらいで速攻で入って出る、と。

この速攻で入って出る、は、どこも同じですね。

髪の毛が伸ばせなくなる理由、その1(笑)

今回、初参加のパパさん。

双子ちゃんのパパが二人を一緒に抱っここして、

まるで、遊園地の乗り物のようになっている姿が印象的でした。

普段はほとんど使わずに、二人用のベビーカー利用だというママさんも、

エルゴを持っていて、装着方法のアドバイスをさせて頂きました。

また、フラゴーラを紹介してくれた友人ママも参加してくれていたので、

改めてフラゴーラの便利さなどお話しつつ。

これからエルゴタイプを買おうと迷っている方には、

本当に安いのでおすすめ(笑)

ただ、前にも書きましたが、布がすべらないので、大きなデメリットです。

こんな風に毎月集ったママとこどもによって、テーマも変わっていきます。

来月は6月1日(水)13時ーです。

昨日の実践内容は以下の動画です。







posted by スタジオピボット at 06:06| Comment(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

植物の生命力

photo:01



事務所の隣は、去年まで病院がありました。

ひろーい空き地になっていましたが、

今、住宅建設が、はじまっています。

その敷地に咲いたポピー


病院を取り壊して更地になったのに、


種はそれでもちゃんと生きていたのですね。

病院はすでに閉鎖されていて

人影はありませんでした。

鉄筋の建物が取り壊されている最中を思い出すと、

このポピーの生命力の強さに胸があつくなってしまいました。


いつも、自転車でシャーっと通り過ぎるのですが、

この雨で徒歩で事務所にいったので

目にとまった光景。

根を張る力

私たちもちょっと借りたいですね。





iPhoneからの投稿
ラベル:雑記
posted by スタジオピボット at 04:02| Comment(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

また体重増加の娘

保育園、毎月身体検査がある0歳児。

ちゃんと増えています。

4月とくらべて約300グラム

「ミルク飲まないのに、ちゃんと増えていて良かったです」

と先生談。

どれだけ母乳飲んでいるんでしょうか、娘。

前に、バースエデュケーターの方に授乳の時間が割と短いんですよ、

と話しをしたら、

「その勢いでおっぱい飲んでいたら、長く吸っていられないわよ。」

と。

吸う力

呼吸は吐いた分だけ吸う事が出来るようになっています。

娘の吸う力の強さは、

吐く力でもある。

ちゃんとからだが調整しているな、

と思う時は、

娘の便が少ない時。

便秘とはいかずとも、

量と回数が少ない時は、

あんまりおっぱいも飲みません。

便が出る=リラックスの神経=吐く力

吐けていないと、便もちゃんと出ない訳です。

便秘がちになっているママさんも、

吐く力が弱くなっている証拠。

保育園のミルク、今は随分飲んでくれるようになっていますが、

それでもちゃんと体重が増加してくれているのは、

娘の呼吸を吐く力のたまもの・・・・

と思った骨盤ママです。

今日は雨模様の東京です。

だんだんと、湿度がじとっとする季節。

気圧の変化、

うまく対応したいですね。

こんな時こそ

呼吸を吐く力です♪



ラベル:呼吸の話
posted by スタジオピボット at 06:59| Comment(0) | こつばんママのからだから見る育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。