2017年05月24日

■ おとなのクラス ★ コンディショニングクラス ■

新設した、コンディショニングクラス。
参加者の皆さんから、たくさんの感想を戴いております★

# あまりにきもちよく定期的に習いにいきたいとおもいました。

# 気持ちよすぎて、何をやったか覚えていないくらい。

# 頭が緩むって意味がわかりました。


講師は井上浩子さんです。
以前に、「からだで感じる解剖学」でも、ヨガ講師としてお招きしましたが、
気づけばヒロコ先生とのお付き合いも5年目になりました。
お互い一児の母として、毎日の生活の中から発見することを
コンディショニングに生かすということを、たくさんの人にシェアしていきたいね、という思いでおります。
機能的な動きが自然にできるように・・・
その土台作りを提案するクラスです。
ヨガであって、ヨガでない。
「コンディショニング」に焦点を当てました。

また、個人の歩き方の癖、動作の癖を判断するために、
足裏診断を導入

足裏.jpg

足裏から見た状態を、ヒロコ先生にお伝えし、個別のアプローチも見ていただいています。
5名という少人数にこだわり、且つ個人差にも対応したグループクラス

足裏診断は、こつばんママ・原田優子が担当します。
2歳〜80代までの足裏診断例は8000例くらいになりました。
年齢や性別、そして運動量などに応じて、足裏にあらわれる状態から動作の癖を見ています。

足裏診断で分かること
★股関節・足首の可動域の左右差
★土踏まずの形成状態〜姿勢保持の筋肉はどこが使えていないのか?
★筋力依存?うまく体を使っていない?
★脚だけ太くなる理由
★脚のむくみの状態やその理由

これらをベースに、自分で自分の体を取り扱っていくレッスンだと思ってください。
「自己肯定感」を高めるとも言えるかもしれません。
SNSの情報に振り回され、自分に何があっているのかを見つけにくい時代です。
「何があっているのか?」を知るには、「自分の立ち位置」を知ることが必須条件です。
地図だって、自分がどこにいるのか?現在地がわからないと、地図を読むことはできません。
自分自身の立ち位置に自信を持つ、そのナビゲートをさせて頂きます。

まずは、足裏から自分の状態を見つめ、
体を動かしながら、自分の可動範囲を知る。

これは、そのまま自分自身の行動範囲につながります。

痛みが出ている時は、その立ち位置や行動範囲が器からはみ出ている時だと思ってください。
立ち位置と自分の器の形や大きさ

それを知ることは自己肯定するということ。
コンディショニングクラスは、そんなクラスです。

皆様のご参加をお待ちしております★

コンディショニングクラス(ヒロコヨガ)

毎月1〜2回の定期開催


2017年6月15日(木)11:00〜12:30

2017年7月13日()11:00〜12:30

費用:7560円(税込)

お申し込みはフォーム(↔クリックしてください)よりお願いいたします。
下記にも同様のフォームがございます。

8月以降はまた追ってご案内させていただきます★








posted by スタジオピボット at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー★おとな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

■ Harper's BAZZER 6月号 コメント記事掲載中 ■

しばらくご無沙汰していたファッション雑誌ですが、
久々にお声掛けいただき、平山・原田とコメント記事を掲載して頂いております〜
170420-1.jpg
ハーパーズバザー6月号
特集記事のテーマは
「年代別・美ボディの作り方」
170420-3.jpg 170420-2.jpg

P.106に平山、P.109に原田のコメントがそれぞれ掲載されております。
P.109のガーターベルトの記事は、去年のRue de Ryuのセミナーの内容などをお伝えしたところ、
とても興味を持ってくださいました。
平山は、リンドバーグの写真の撮り方について話したところ、躍動感と体の関係性について記事にしていただけました。
ここでも、民族差について語っております。
ぜひ、ご一読ください!

【ガーターベルトに関する記事】

posted by スタジオピボット at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲載誌情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

【祝】STUDiO PiVOTは創立20年を迎えます!

170408.jpg
※リース制作/cerisier works http://cerisier-works.petit.cc/

2017年4月10日に、スタジオピボットは創立20年を迎えます。
平山が立ち上げたスタジオピボットに、原田が参入して12年。
30年前から変わらない理論を、身体に関わる様々な方面へ
展開をさせて頂いております。
スポーツから始まったSTUDiO PiVOTの軸は、
「人は動くもの」である概念を元に、AWARENESS ANATOMY(R)
と名称して、ちょうど10年です。
「感じなければ動かない」
30年間変わらないこの理論を、今後は世界中に・・・・と
活動範囲が広がっております。
2014年より、バンコク(タイ)
そして、今年2月にはマニラ(フィリピン)にて、足裏診断を開始。
幼児期・6歳までに知っておきたいからだのことを、足裏診断から
見て行きます。

20年間支えてくださった皆様へ心よりお礼申し上げます。

人の成長で言えば、成人式の年齢。
社会では「これから」です。
「感じなければ動かない」AWARENESS ANATOMY(R)をさらにわかりやすく、
皆様にお伝えする機会を増やしていきたいと思っております。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社スタジオピボット

代表取締役 平山 昌弘

  取締役 原田 優子
posted by スタジオピボット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ピボット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする