2017年06月23日

■i288 靴選びの基本のき ■

梅雨入りしても、そう梅雨っぽい日は少ないけれど、
不調の訴え増加中。
気温差で自律神経が乱れる人が続出!
日々のつぶやき(お休みしている日もあります〜)はTwitterで!
@kotsubanmama

そんなこんなで日々を過ごしておりますが、暑さ、寒さ、雨の後の寒さで
自律神経が乱れがち。
しっかり、「自分の今の場所」探してくださいね。
昨日より今日が固い?柔らかい?それだけでいいです。
ご飯が美味しく感じる?そうでもない?
コーヒーの匂い好き?嫌い?
なんでもいいです。
変化に「違和感」あったら、からだ動かそ〜
リラックスの神経に切り替えて欲しいです。

「寝る」「休む」「騒ぐ」「お風呂」「アロマ」「深呼吸」
なんでもいーです!

梅雨入り前に、i288のパートナーショップ、池袋のレディスキッドさんに出向いて参りました♩
今朝はめっちゃ気持ちよくて、裸足で出勤したくて・・・
キッドさんで買ったサンダルで通勤★

170622-1.jpg

私の目的は「パンプス」だったのに、買ったのは、サンダル。
「使う用途の多さ」で買った靴でした。
本当は、前回大手町の「パンプスメソッド研究所 i288」での計測から、(http://ameblo.jp/karada-yucoco/entry-12254198294.html
実際にパンプスも購入しよう!という心意気で向かったのに・・・

池袋駅から徒歩3分ほど。地上に出るまで時間がかかるから、5分程度見ておくと良いかも。
そんなとっても便利な場所にあるレディースキッドさん。(http://ladieskid.jp/i288/
なんでわざわざ記事にしているかといえば、やはり、「周知」したいからです!
そもそも、こんなに靴大事だよね、と気づくきっかけは、産後でした。
そして、産後靴のこと色々ブログにも書いていた中、
毎日新聞さんの取材(http://studiopivot.seesaa.net/article/381723099.html)があって、
そのきっかけで・・・このi288の取り組みに関わっていた靴職人の矢口さん(http://sugoihito.or.jp/2013/01/5811/)と出会うきっかけができて・・・
びっくりするくらい安定する10センチヒールを知りました。
そう、、このi288の技術顧問の矢口さん。
ヒールの位置は世界基準なんて、矢口さんから伺って初めて知りました。
矢口さんはその世界基準を壊し、新しく、「日本人の女性が綺麗に歩ける木型」を作った、only oneの日本人。
そんな中、i288のパートナーショップとして、リニューアルしたレディースキッドさんとご縁があり、これは訪問して、靴を買おう!という試みでした。
170622-6.jpg 170622-8.jpg 170622-4.jpg 170622-2.jpg 

お店の外観をちゃんと撮影してこなかった、取材下手な原田ですが、駅前ですのでぜひ一度行ってみてください!
パンプスの木型は2種あります。
私自身の個人的な感覚では、ストレートタイプの方が、いい感じでした・・・(過去記事:http://ameblo.jp/karada-yucoco/entry-12254198294.html)
そして、またやっちゃったのが、、、この日は膨張日(※)真っ只中。履いているうちにどんどん細くなっていく。
フィッティングに時間がかかる日だったのです。
買ったサンダル、すでに緩くなってます(泣
調整必要かも・・・

このi288、平山が対談記事で掲載予定のMYLOHASにも出てくる予定です。
次回配信は、またご案内させて頂きます★
まずは、自分の足ってどの形があう?というのを、288のJIS規格のサイズ展開の中から選んでみる、そんな体験をしてみてください!
足幅が狭い人こそ、1回履いてみる価値あり。

「合わなくて当たり前」
「靴なんて長時間履けば疲れる」
「幅が広い方が疲れないですよね?」
「すぐに踵が脱げる」
「靴擦れしない靴はない」

どれかに当てはまったら、1回行くべし!

パンプスメソッド研究所 i288(大手町)
170622-11.jpg

LADIE'S KID i288(池袋)
170622-2.jpg 170622-5.jpg

※について
日々のTwitterでつぶやいている「膨張」「排出」「引き締まり」と3つのステージに合わせた靴選び、下着選び、そしてエクササイズ。お天気や気圧、季節によってもこの3つのステージが変わります。基本は女性ホルモンのバイオリズムですが、それに加えて、3つのタイプもあるので、組み合わせも様々な「体」になります。
それだけ、女性の心と体は変わりやすいのです。
つまり、288のサイズに当てはまらない人も多い、ということ。そこに少し調整して合うものを探して行く、、、ということですが、この変わりやすい体を理解せずに「靴のせい」にしている人が多いです。
まずは、自分の足がどんな状態なの?と把握することが大切です。
パンプスの大人買いは、色違いではなく、サイズ違いにしよう!
そして、その変わりやすさをポジティブに捉えて、毎日を楽しく過ごす提案をしています★
posted by スタジオピボット at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ピボット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

■ 掲載誌情報 MYLOHAS 服をカッコよく着こなすには、背中の筋肉と坐骨を意識する ■

ウェブマガジン MYLOHASに平山の対談が掲載中です!
6/5配信の内容は、背中の筋肉と坐骨の関係を日本人と欧米人と比較して、
体をどう作るのか?というお話を、スタイリストの清水久美子さんとしております。
清水さんのファッション感と平山の身体論がうまくマッチングする様子は、
取材の立会いをした私がワクワクしてきました。
後編にも続くので、またご紹介させていただきます。

スクリーンショット 2017-06-06 14.36.52.png
この記事内に出てくる背中と坐骨。
セルフケアでも近づけます。

坐骨を作るエクサ

https://vimeo.com/149955242


背中を作るエクサ

https://vimeo.com/168009067

posted by スタジオピボット at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲載誌情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

■ おとなのクラス ★ コンディショニングクラス ■

新設した、コンディショニングクラス。
参加者の皆さんから、たくさんの感想を戴いております★

# あまりにきもちよく定期的に習いにいきたいとおもいました。

# 気持ちよすぎて、何をやったか覚えていないくらい。

# 頭が緩むって意味がわかりました。


講師は井上浩子さんです。
以前に、「からだで感じる解剖学」でも、ヨガ講師としてお招きしましたが、
気づけばヒロコ先生とのお付き合いも5年目になりました。
お互い一児の母として、毎日の生活の中から発見することを
コンディショニングに生かすということを、たくさんの人にシェアしていきたいね、という思いでおります。
機能的な動きが自然にできるように・・・
その土台作りを提案するクラスです。
ヨガであって、ヨガでない。
「コンディショニング」に焦点を当てました。

また、個人の歩き方の癖、動作の癖を判断するために、
足裏診断を導入

足裏.jpg

足裏から見た状態を、ヒロコ先生にお伝えし、個別のアプローチも見ていただいています。
5名という少人数にこだわり、且つ個人差にも対応したグループクラス

足裏診断は、こつばんママ・原田優子が担当します。
2歳〜80代までの足裏診断例は8000例くらいになりました。
年齢や性別、そして運動量などに応じて、足裏にあらわれる状態から動作の癖を見ています。

足裏診断で分かること
★股関節・足首の可動域の左右差
★土踏まずの形成状態〜姿勢保持の筋肉はどこが使えていないのか?
★筋力依存?うまく体を使っていない?
★脚だけ太くなる理由
★脚のむくみの状態やその理由

これらをベースに、自分で自分の体を取り扱っていくレッスンだと思ってください。
「自己肯定感」を高めるとも言えるかもしれません。
SNSの情報に振り回され、自分に何があっているのかを見つけにくい時代です。
「何があっているのか?」を知るには、「自分の立ち位置」を知ることが必須条件です。
地図だって、自分がどこにいるのか?現在地がわからないと、地図を読むことはできません。
自分自身の立ち位置に自信を持つ、そのナビゲートをさせて頂きます。

まずは、足裏から自分の状態を見つめ、
体を動かしながら、自分の可動範囲を知る。

これは、そのまま自分自身の行動範囲につながります。

痛みが出ている時は、その立ち位置や行動範囲が器からはみ出ている時だと思ってください。
立ち位置と自分の器の形や大きさ

それを知ることは自己肯定するということ。
コンディショニングクラスは、そんなクラスです。

皆様のご参加をお待ちしております★

コンディショニングクラス(ヒロコヨガ)

毎月1〜2回の定期開催


2017年7月13日()11:00〜12:30
2017年8月8日(火)11:00〜12:30

費用:7560円(税込)

お申し込みはフォーム(↔クリックしてください)よりお願いいたします。
下記にも同様のフォームがございます。








posted by スタジオピボット at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー★おとな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする